AHAテクノロジーとは・・・

古い不要な角質を除去してターンオーバーの正常化をサポートする成分AHA(アルファ・ヒドロキシ酸)。
サトウキビから抽出されるグリコール酸、リンゴから抽出されるリンゴ酸、ブドウから抽出されるクエン酸など、柑橘類に多く存在するため、フルーツ酸とも呼ばれ、「スキンケア製品」や「ケミカルピーリング」などの目的のために世界中で使用されています。

1974年 魚鱗癬の治療に有効であると発見

二人の皮膚科専門医、ユージン・ヴァンスコット博士と、リューエイ・J・ユー博士が、深刻な乾燥肌や魚鱗癬(ぎょりんせん)の治療にAHA(アルファ・ヒドロキシ酸)が有効であることを発見。
発見者が創設したNeoStrata社によって110件以上の特許を持ち、世界87ヶ国の名だたる化粧品メーカーにライセンス提供しています。

200以上の文献を執筆

2人の医学博士はグリコール酸(AHA)を「ランチタイム・ピーリング」に使用した先駆者であり、peer-reviewed(ピア・レビュー=専門家による評価がなされた文献を主要な皮膚学ジャーナル誌上に数多く発表。また、化粧皮膚学の教本でAHA/PHAに関して執筆しています。

科学的・臨床的エビデンス

表皮、真皮の厚みが増すとともに、コラーゲンやエラスチン、細胞間基質が増加し、保湿力や弾力が向上。AHAの塗布により、肌本来の若々しい状態を取り戻していることが分かります。